大広間
魚信旅館の広間には能舞台もございます。
時には謡の曲が流れます。
 
格天井(ごうてんじょう)丸太ぶち・かごあみ天井最大55名様ぐらいまで。2階から海を見渡せます。
大林映画の1シーンでは広島市の料亭として撮影されました。
「ふたり」「あした」「マヌケ先生」の撮影でも使用されました。


大林宣彦監督の尾道を舞台とした主な作品には
●転校生(82年)
●時をかける少女(83年)
●さびしんぼう(85年)
●ふたり(91年)
●あした(95年)
●あの、夏の日−とんでろ じいちゃん
(99年)
※カッコ内は公開年

大林宣彦監督はふるさと尾道があるがままに残って、自然に皺を刻むことを願っておられます。そして高度成長期に尾道でも古いものが壊されましたが、これからは古いものを残すことが資源になると説かれます。
(以上朝日新聞2006年4月25日備後版より引用。要約)

私たちも「尾道にしかない暮らし」を守って行きたいと思います。

写真は魚信の大広間です。


 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています