松阪邸
■名称 松阪邸(竹原市重要文化財)
■場所 広島県竹原市本町3丁目9番22号
■TEL 0846−22−5474
■開門 9時〜17時
■休館日 月曜日 12月29日〜1月3日
■入館料 大人 200円
■アクセス JR呉線竹原駅下車北へ徒歩約10分 山陽道河内インターから約20分 広島バスセンター・JR広島駅から芸陽バス「かぐや姫号」で70分
■歴史   浜主(塩田経営者)の家です。「沢田屋」と称し、薪問屋、石炭問屋、製塩業、酒造業や醸造業も経営、書画に巧みで文化への造詣も深かった。
■建物   江戸時代末期・文政(1818年頃)の建築を明治12年現在の形に改築、竹原の町並みの中でも独特の意匠をもった建造物で「てり、むくり」の流れるような唐破風の屋根、低い二階の二階の菱格子の窓、カーブした庇、彫刻を配した出格子、うぐいす色のぬりごめの漆喰塗りの大壁、座敷は数奇屋風で統一されています。
写真は松阪邸の屋根


 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています