尾道市景観計画(3)
景観法に基づき、今年度策定を予定している尾道市の景観計画について、その案のあらましを説明します。

景観法では、景観計画には、次の事項を定めることとされています。
1.景観計画の区域  
 ※景観計画区域と呼びます。
2.景観計画区域における良好な景観の形成に関する方針
3.良好な景観形成のための行為の制限に関する事項
4.景観重要建造物、景観重要樹木の指定の方針
5.その他、良好な景観形成のために必要な事項(複数列)
  尾道市の景観では、屋外広告物の表示・提出についての行為の制限

尾道市では当面、旧尾道市全域と向島町を景観計画区域とし、旧因島市、御調町、瀬戸田町は景観特性や景観資源などを調査した後、段階的に定めることとしています。
景観計画区域内では、一定の基準を超える建築等の行為は届出が必要となります。
景観法ではまた、都市計画区域内で特に良好な景観形成をすべき地域を、都市計画で「景観地区」として定めることができるとされています。景観地区では、建築物の高さや形態意匠(デザイン・色彩)などの制限を定めます。建築物などを建築したり増改築するときは、高さについては建築確認申請でチェックします。形態意匠については、市長の認定を受けなければなりません。認定を受けずに建築したり、違反建築物について是正命令に従わなかったときは、罰則が適用されます。

○景観計画区域 
緩やかな制限で景観形成を誘導

○景観地区   
行為について認定制となる。景観の保全に比重を置く


宝石のように輝くまちをめざして
尾道市景観計画の案より(3/8)
お問合せ先
尾道市都市部都市デザイン課景観保全係
(0848)25−7223
Eメール toshi@city.onomichi.hiroshima.jp

 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています