魚信の由来(5)
尾道栄信株式会社は大正末には魚信という屋号で仕出しを営業していた備前氏を招き料亭としての営業をすべて任せ、軌道に乗った2年後備前氏に売却したものと推察します。
 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています