魚信の由来(2)
昭和25年頃改装工事を行いほぼ現在の数寄屋造りの建物になりました。備前亀治郎さんが大工の棟梁を連れて京都の数寄屋造りを見学したり、尾道市内の優れた細工を写して内窓を造りました。
「初音」のお部屋を増築して3階建てにしたのもこの時です。
当時は「日立造船」や三原市にある「帝人」のご利用が多かったと聞いています。
入口の横の応接室には昭和22年の料金表が残っています。
広島県旅館業協同組合の旅館宿泊料金表には、1泊2食付で一等八五圓・二等八〇圓・三等七〇圓と書かれ、横には英文字がちゃんと記されています。
その当時尾道には千光寺山のある個人の別荘にGHQの情報部があり、
その人たちが魚信を利用されたこともあり、英語表記はお部屋にもあります。

 
Comment(0) TrackBack(85)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食のお献立
8,475円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)
(1泊2食18900円のご宿泊の夕食)

(オコゼの唐揚げ)
■先付 桜豆腐(菜の花辛し和え)・小海老・錦紙
■刺身 車海老・鯛松皮・平目重ね造り
■煮物 メバル煮付・里芋・竹の子・絹さや
■焼物 スズキ木ノ目焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 オコゼ唐揚げ・小茄子・青唐
■酢物 蟹錦紙巻・青ズイキ・茗荷
■蒸物 甘鯛桜蒸し・桜麩・銀杏
■吸物 若竹吸・露生姜
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン

(オコゼの薄造り)
■先付 桜豆腐(菜の花辛し和え)・小海老・錦紙
■刺身 オコゼ薄造り
■煮物 メバル煮付・里芋・竹の子・絹さや
■焼物 スズキ木ノ目焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 海老しんじょう湯葉巻・小茄子・青唐
■酢物 蟹錦紙巻・青ズイキ・茗荷
■蒸物 甘鯛桜蒸し・桜麩・銀杏
■吸物 若竹吸・露生姜
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン


 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食のお献立
7,848円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)


■先付 桜豆腐(菜の花辛し和え)・小海老・錦紙
■刺身 車海老・鯛松皮・平目重ね造り
■煮物 メバル煮付・里芋・竹の子・絹さや
■焼物 鰆黄金焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 椎茸松笠揚・小茄子・青唐
■酢物 戻り鰹タタキ・紅葉卸・青葱
■蒸物 甘鯛桜蒸し・桜麩・銀杏
■吸物 若竹吸・露生姜
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン

 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食のお献立
8,475円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)


■先付 桜豆腐(菜の花辛し和え)・小海老・錦紙
■刺身 車海老・鯛松皮・平目重ね造り
■煮物 メバル煮付・里芋・竹の子・絹さや
■焼物 スズキ木ノ目焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 海老しんじょう湯葉巻・小茄子・青唐
■酢物 蟹錦紙巻・青ズイキ・茗荷
■蒸物 甘鯛桜蒸し・桜麩・銀杏
■吸物 若竹吸・露生姜
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン

 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
お子様会席のお献立
小学生高学年のお献立
5,071円(サービス料15%込み・消費税5%込み)

■先付 桜豆腐
■刺身 鯛・カンパチ
■煮物 春野菜煮物
■焼物 牛ロース焼肉
■油物 天婦羅
■蒸物 高戸桜蒸し
■吸物 若竹吸
■御飯 ジャコ飯
■果物 わらび餅・イチゴ

小学生低学年のお献立
3,622円(サービス料15%込み・消費税5%込み)

■先付 桜豆腐
■刺身 鯛・カンパチ
■焼物 鮭バター焼
■油物 海老フライ(野菜)
■蒸物 高戸桜蒸し
■吸物 若竹吸
■御飯 白飯
■果物 わらび餅・イチゴ



 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食のお献立
10,867円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)
(21、000円のご宿泊の場合のご夕食)


■先付 桜豆腐(菜の花辛し和え)・小海老・錦紙
■前菜 蛤あぶり焼・空豆・稚鮎甘露煮
■刺身 オコゼ薄造り・あしらい一式
■煮物 メバル煮付
■焼物 サザエつぼ焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 オコゼ唐揚・小茄子・青唐
■酢物 渡り蟹・青ズイキ・茗荷
■蒸物 甘鯛桜蒸し・桜麩・銀杏
■吸物 鯛潮汁・針葱・木ノ目
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン

 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
魚信の屋号の由来(1)

魚信の屋号は80年、建物は約100年になります。

明治末の尾道港の写真にすでに魚信の建物が写っています。
謄本によりますと大正13年(西暦1924年)からの登記で
始まっています。
大正15年(西暦1926年)の尾道商工案内に尾道調理組合の
広告に「魚信」が出ています。
昭和5年(西暦1930年)の尾道商工名鑑に
業種は「料理・仕出」の項に「魚信」が国税営業収益納税者として
掲載されています。この時の住所は「久保町」電話は「377番」
代表者は「備前信次郎」とあります。

備前信次郎さんの名前から「信」(のぶ)の字を一字とって
魚信(うおのぶ)という屋号が始まりました。
その後、昭和11年7月にご子息の備前亀治郎さんが
所有権の取得の登記をしています。
これが魚信の屋号の由来です。
(先人を敬い敬称を使わせていただきます。)


 
Comment(0) TrackBack(5)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食のお献立
7,245円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)
(16,800円のご宿泊の場合のご夕食)


■先付 桜豆腐・小海老・錦紙
■刺身 鯛薄造り・あしらい一式
■煮物 メバル煮付
■焼物 スズキ木ノ目焼・蟹福さ・はじかみ
■油物 蓮根はさみ揚げ・小茄子・青唐
■酢物 牛タタキ・玉葱・青葱
■蒸物 甘鯛信州蒸し・山葵・青葱・海苔
■吸物 若竹吸
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン


 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2階「須磨」のお部屋
「須磨」のお部屋の額入り障子の中を
大小の船が行き交います。

尾道大橋を一望でき最高のロケー
ションです。このお部屋は、大林
監督の映画「あした」のロケにも
使用されました。
額入障子のタペストリーが帳場の
壁にかけてあります。

お部屋の建築の名称は次の通りです。
床柱 杉柾のなぐり 柱 北山杉 かもい、
かもいじき 赤杉 平天井 ささら落天井 
廊下 かけ込み天井


 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
夕食の会合
8,000円
(サービス料15%込み・消費税5%込み)


■先付 桜豆腐・小海老・錦紙
■刺身 鯛薄造り・あしらい一式
■煮物 鯛あら煮・牛蒡・木ノ目
■焼物 鰆黄金・蟹ふくさ・はじかみ
■油物 海老しんじょう湯葉巻・小茄子・青唐
■酢物 蟹錦紙巻・青ズイキ・茗荷
■蒸物 甘鯛信州蒸し・山葵・青葱・海苔
■吸物 若竹吸
■御飯 雲丹御飯
■果物 メロン

 
Comment(0)TrackBack(0)
TrackBackURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
20件中(1件〜10件を表示しています)   前   |